真夏の寝具お昼寝にも

蒸し暑くて寝苦しいシーズンになりました。

こんにちはオオバです。

 

睡眠の質がよくなるように、何か対策が必要ですね。

 

特に寝具が気になります。

 

暑さ対策をしつつ睡眠環境を整えたいと思います。


睡眠環境はストレスケアが必要なので、この時期はやっぱり寝具。

とくにサラサラで、ふんわりやわらかい、そして蒸れない寝具を選んで心地良く眠る。

 

クーラー対策も必要ですね。

色々あるとは思いますが、
風薫るリバーシブルのびふわハーフケットを使ってみました。

 

リネンガーゼの肌ざわりがサラサラで、ふわふわのやわらかさが気持ちいい!!


しかも、さらさらのガーゼ面ふわふわコットン起毛面
リバーシブルタイプなのでオールシーズン使えて便利なところも魅力。


肌寒い時もある今の時期は起毛面を使っています。
そして梅雨が明けると通気性の高いサラッとしたリネンガーゼ面を身体側にチェンジ!


気分や気温に合わせて、快適な面を身体側へ。


どちらもやわらかく伸びて身体にに寄り添い
表面の凸凹により肌への密着面積は少ないので
寝冷えもしないし快適で涼しい!!


さらに洗濯機で丸洗いできるのでいつでも清潔に使えてうれしい!


この夏お奨めの一枚です♪

リネンガーゼのお手入れ

みなさん こんにちは!オオバです。
リネンガーゼが心地良い季節になりました。

 

ガーゼは織る糸の撚りをゆるくすることで糸が空気を含み、糸自体をふんわりやわらかい状態にして織っています。

糸量も少ないため、引き裂き強度が弱く、やわらかさを出すため、毛羽が出やすいことがあります。


そんなデリケートなリネンガーゼの風合いを長持ちさせるために

大事に使って頂くために

 

”初めてお洗濯用する際の洗剤は柔軟剤や漂白剤が入っていないものを使用してください。”

 

お洗濯を繰り返すと糸は撚った方向にさらに撚られていくので、糸が縮んで固くなります。
柔軟剤は生地をふっくらやわらかくする効果がありますので、撚りがきつくなった糸を逆に戻して緩めるのが柔軟剤です。


つまりリネンガーゼ生地のようにあらかじめ緩く撚られている糸は、購入してすぐに柔軟剤が入っている洗剤を使うと、

もっと撚りがゆるくなり、お洗濯の摩擦でさらに毛羽が出やすくなってしまいます。


心地良いリネンガーゼ生活を送っていただくためにちょっとした工夫が必要ですね。

 

リネンはヨーロッパで栽培される植物の天然繊維です。

優雅な風合いを末永くお楽しみください。

 

 

 

天然素材のガーゼマスク発売決定しました。

天然屋から抗菌ガーゼのマスクを発売します!!

こんにちはオオバです。

 

みなさんマスクがなくて困ってますよね。

毎日ドラッグストアに寒い中マスクのために、大変は思いをして並んで手に入れている方をたくさん見かけます。

 

そこで天然屋では天然素材の無触媒ガーゼのマスクが出来ました!!

 

やわらかくてお洗濯が可能

お洗濯しても抗菌作用がかわりません。

 

色はきれいなライトベージュとシックなライトグレーのセットです。

 

https://tennen-ya.com/?pid=149190944

 

天然屋 2020年春の新商品

2020年まだまだ寒いですが、春の新商品が入荷しました。

こんにちはオオバです。

 

三河木綿シリーズから室内の夏用スリッパが出来ました!

 

なんとこのスリッパ見た目はシックレトロな感じがするのですが、

なんだか”日本の和”を感じさせる趣のあるスリッパに仕上がりました。

 

そして底にはなんと和紙繊維を使っています。

馴染みのない和紙繊維ですが、綿の2倍の吸湿性があり、夏でも足がベタつかない清涼感があります。

 

そしてすばらしいことに、強靭なのにやわらかい!!

 

つまり丈夫で耐久性に優れていて、やわらかくなじむ特性の画期的な繊維なんです。

 

そして素材の一部である綿はオーガニックコットンを使っています。

 

日本の和を感じさせるブルーが美しい、とても素敵なスリッパになりました。

 

 

 

 

 

リネン3重ガーゼの特徴

こんにちは オオバです。

「リネンが大好きだから寒い冬でも使いたい。」と思うほど、リネンは気持ちの良い素材です。

 

「でも麻は夏のものだから、肌寒い時期は使えない・・・」と思っている方もいると思います。

 

でもフランス高級リネンは冬でも使える素材なんです。

 

もともとリネンの原産地はフランスやヨーロッパなどで、高級リネンは肌着として、一年中使われています。

 

リネンの繊維は中の空洞に空気が含まれるため、寒い冬は体温で暖まった空気が身体を暖かく包み込みます。

 

リネン素材の中でもガーゼのやわらかさは格別で、最もポピュラーなのがダブルガーゼです。そのほどよい保温性から春先や秋口などにも活躍してくれます。

 

ただ冬になると「ダブルガーゼは寒い」となってしまいます。

 

そんな方に天然屋のリネン3重ガーゼケットをおすすめします。

冬でも使えるリネンを3重ガーゼにしました。

 

だた3重にしただけでなく、リネンの素材にこだわりフランス高級リネンを使用。さらに織りにもこだわり、打ち込みを多くすることにより、しっかりした織りで表面に揺らぎのないなめらかさと、たっぷりとしたボリューム感があります。

 

このやわらかくふっくらしたハリのあるボリューム感が天然屋リネン3重ガーゼケットの魅力。さらに洗濯するたびにどんどん、やわらかくなっていく風合いの変化も楽しめます。


保温性の高いお布団を使われている方でも、かなり冷え込む時期にもう1枚、リネン3重ガーゼケットを足してみてください。夏だけではなく、冬にも使えるリネン3重ガーゼの良さを実感して頂けると思います。

 

なめらかでふっくらしたハリのあるボリューム感がうれしい天然屋リネン3重ガーゼケットです。

身体側は無染色、天然自然色の心地良い亜麻色です。♪

 

 

森の香りでリラックス 「 しょうのう 」

天然屋では天然素材/無添加にこだわっています。オオバです。

 

天然屋ではさまざまなナチュラル雑貨がありますが、特に春におすすめの「しょうのう」を紹介します。

 

「しょうのう(樟脳)」とは、日本で昔から、衣類などの虫除けに使われてきた、白い結晶のようなものです。

クスノキ(樟)の幹や根、枝などのチップを水蒸気で蒸し、発生した蒸気を冷やすとできる細かい白い結晶が「天然樟樟脳」です。

 

そもそもなぜクスノキが防虫効果にすぐれているのかというと、

虫に食べられいための匂いを出しているからなんです。

良質なクスノキからできた樟脳ほど、その効果が高まることが期待できます。

 

効果はタンスであれば約3〜6ヶ月持続します。

量はタンス一段に2ヶずつを目安にしてください。

樟脳の成分は揮発して下へと沈んでいくため、引き出しの中でも高めの位置におくのがポイント。その時中に物を詰め込みすぎなようにして、ガスの通り道をつくることができたらなお良いです。

 

そんな樟脳油に天然鉱物原料であるシリカゲルにしみこませて作ったのが「シリカゲル樟しょうのう」です。

樟脳そのものより、香りも効果もすこしやわらかくなりますが、シリカゲルの湿度を調節してくれる働きとあわせて、除湿、芳香剤として、靴箱や車などでも、使っていただけます。

樟脳というより柑橘系を思わせる、さわやかでやさしい香りなので、におい移りも気になりません。

 

日本では古来よりクスノキが大事にされ、人と共生してきました。

それは、自然が豊かである証拠でもあります。

 

石油由来の商品に頼りすぎないライフスタイルを、樟脳から見つめ直したいと思っています。

 

さわやかでお香のような香りの樟脳

風や天日にさらすと匂いは消えるので、寝具の保管にも最適です。

季節の衣替えにぜひご利用ください。

 

☆KUSU消助 しょうのう(10g/1袋 ×10袋)

【用途】防虫、消臭(キャメル毛布ヤク毛布など寝具、和服、洋ダンス、ひな人形、玄関や下駄箱、ベットやたばこの匂い、書庫など)【注意】他の防虫剤との併用は絶対に避けてください。

☆KUSU 香(10g×16袋)

 

キャメルの特徴

朝夕冷え込む季節になり、暖かく軽いキャメル毛布が活躍してます。オオバです。

 

「キャメルは湿気をよく吸って、よく発散します。でも暖かさは逃さない!?」

 

いったいこれはどういう事なのでしょう・・・とても不思議な感じです。

 

「繊維中に含むことができる水分量を公定水分率と呼びますが、

繊維の種類によって吸収する水分の量は異なります。

綿と比べてもキャメルは2倍高いです。」

 

水分をたくさん吸うイメージだと、逆に冷えてしまいそうに感じるけど。

 

「でもそうではなくて、ヒートテックなどの逆バージョンで、

気体(水蒸気)が、液体に変化する際に発生する熱を凝縮熱といいますが、

これは、公定水分率が高ければ高いほど、発熱量が多くなります。

つまりあたたかい。」

 

でもずっと湿っていたら?

 

「それも大丈夫。キャメルは水分を飛ばす発散性も優れています。

キャメルは多孔質繊維なので、繊維の表面積が大きくなるため

発散性がウールの2倍、綿わたの8倍もあります。

だからムレてもヒンヤリすることなく、サラッとしています。」

 

暖かさを逃さないのは?

 

「キャメルは毛髄(毛の中身)が発達していて、留熱、保温性が優れているので、

暖かい空気をたっぷりため込から暖かい。」

 

「さらに良質なキャメルは細くて長く軽く、ふわふわなのに、

絡まりにくい性質を持っているから、固くなりにくいので、ふわふわ感が長持ちします。」

 

なんだかキャメルの毛に包まれてみたい気分になってきました。

 

「それにキャメルは無理やり採取とかではなくて、

毎年自然と抜け落ちる時期に集めるので、自然環境にもやさしいけど、

原料としてウールに比べると少なくて、希少なんです。」

 

だから高級品なんですね。

 

キャメルわたがびっしり詰まった肌掛け布団

 

 

 

 

繊細な肌触り ヤクの毛布

秋の気配を感じております。オオバです。

 

天然屋5周年記念毛布のヤク毛布 個人的に大変気に入りまして

両親に2枚プレゼントしました。

 

”年をとると若い時より寒さが身にしみる”と聞いていたので、
少し高価な気もしましたが、2枚思いきって、プレゼントしました。

 

これが以外にも父が喜んでくれまして、
家ではほとんどしゃべらない無口な父ですが、

”この毛布は気持ちのいい毛布だな 軽いしやわらかい”と言っていたと母から聞きました。

 

これほど父が喜んでくれるとは、正直思っていなくて本当に嬉しくて・・・

”よかったプレゼントして!” と思いました。

 

ヤク毛布はやわらかくてなめらかで、軽いので高齢者に向いている毛布だと思います。

 

あまり耳慣れない種類の毛布だと思いますが、、実際に手で触れてみると

ふんわりとなめらかで、非常に繊細な肌触りを感じることが出来ます。

 

ヤクはこんな動物です。↓

 

寒冷地で育つヤクは、厳しい環境にも耐えうるよう柔らかい毛と硬い毛の

組み合わさった体毛になっており、非常に高い保温性があります。

 

ヤクの保温性はウールより30%高く、カシミヤと同等かそれ以上とも言われ、

通気性もカシミヤより130%高いと言われるほどです。

 

そして、常に呼吸をしている素材のため、

暖かさだけでなく熱がこもってムレる心配もないのです。


また、ヤクの繊維を特徴づけるのが「繊細さ」と「希少性」

 

ヤクの毛は全体から柔らかい部分だけをクシですき取るため、

1頭からわずかな量しか採取できず、

標高が高ければ高いほど高品質になると言われます。

 

ヤクの毛は14〜20ミクロンの細さとなっており、
一般的なウールの糸が20ミクロン以上であることを考えるとその細さが分かります。


毛が細いゆえにきめ細やかな毛布になり、
ちくちくと感じにくい、やさしい肌触りとなっているのです。

 
繊維そのものが自然に呼吸してくれるため

匂いがつきにくいというメリットもあるヤク毛布。

 

大事に使えば何年も使えて愛用の毛布にになってくれることでしょう。

 

天然屋5周年記念ヤク毛布


 

なぜ天然素材ではなく化学繊維ではダメなのでしょうか?

毎日猛暑が続いております。オオバです。

天然屋では天然素材にこだわった寝具を扱っておりますが、

「なぜ天然繊維ではなく化学繊維ではダメなのでしょうか?」

について考えてみました。

 

1.天然繊維の方が化学繊維に比べて毒性が少ない。

毒性などと聞くとびっくりしますが、天然屋が天然素材にこだわるきっかけになった理由です。化学繊維とは石油、石炭などから、化学的な合成や加工によって作られる繊維です。化学繊維を作る過程で、様々な化学物質が使われていて、たとえば染色工程では、「アゾ系染料」が皮膚の表面や肝臓で分解される際に、発がん性物質を生成するとして、既に厚生労働省では規制を始めています。その他にも使用している化学薬品の中には毒性やアレルギーを引き起こすものもあります。また、仕上げ過程では製品の見栄えを良くしたり、手触りや風合いを出したりするためにホルマリン樹脂加工がおこなわれます。気化すれば「ホルムアルデヒド」です。その有害性はみなさんも聞いたことがあるでしょう。

 

2.天然繊維の方がエコである。

多くの薬品など有害物質を使って作る化学繊維は地球環境にはやさしくありません。製造過程で使用される化学物質による大気汚染、水質汚染、またそれを体内に取り込むことによる健康への影響も懸念されます。さらに化学繊維の原料となる水酸化ナトリウムや二硫化炭素は石油、石炭、天然ガスから作られるため、限りある資源を減らすことにもつながります。

 

3.天然繊維は心地良い。

天然繊維は植物や動物の毛など自然界にあるもので作られている繊維です。これまで人類が何千年と使用していた布のこと。天然素材から出来ているので、肌触りが良く、保温性、吸水性に優れていて、夏は涼しく、冬は暖かい素材。さらに吸水性、発散性があるからさらっとしていて、使っていても気持ちがいい。

 

4.化学繊維は静電気を起こしやすい。

静電気が伝導体である人体に溜まっていくと様々な問題を引き起こします。交換神経が刺激され、自律神経のバランスが崩れるので、原因不明の頭痛、めまい、動悸、発汗などの身体症状や神経症状が現れます。また、ほこりに含まれる細菌やウイルスまで引き寄せてしまう性質を持っているので、皮膚炎の誘発やアレルギー疾患の原因となり、接触性皮膚炎の誘発要因ともなります。天然繊維は電気を通しやすいので、静電気は起きにくいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三河木綿発信 お客様の声 お手紙より

オオバです。

三河木綿6重ガーゼケットを使った感想をお手紙で頂きました。

 

『このたびガーゼケットをはじめて使用いたしましたが、大変具合がよく、私が長年探しもとめていたものに、出会ったという感じがいたしました。とても肌ざわりよく快適な寝具としてとても気に入りました。』との事でした。

 

和紙に直筆で達筆に書かれていました。

 

ご丁寧にありがとうございました。

 

驚くほどやわらかい!三河木綿6重ガーゼケット

 

初めて三河木綿6重ガーゼケットを触った時の感動を思い出しました。

本当にやわらかくて 気持ちが良かった。

 

天然屋 三河木綿6重ガーゼケットをご愛用の皆様 本当にありがとうございます!