三河木綿の歴史

「天然屋」を運営している株式会社山繊は、愛知県蒲郡市にあります。この辺りは昔から三河地方と呼ばれ、綿花の栽培や綿織物業が盛んな地域でした。

この土地で作られる綿織物は「三河木綿」と呼ばれ、現在も寝具やバッグ、帽子など、さまざまなものに形を変えて親しまれています。

 

 

〔日本の綿の起源は三河地方〕

『類聚国史』や『日本後記』によると、799年(延暦18年・平安時代の初め頃)に崑崙人(コンロン人)が愛知県幡豆郡福地村(現・西尾市)の海岸に流れ着き、助けてもらったお礼に綿の種と栽培方法を伝えたと言われています。『日本後記』には、これが日本の綿の起源と記されています。しかし、その綿種は日本の気候に合わず繁殖しませんでした。

〔三河木綿の誕生〕

国産木綿がはじめて文献にみえるのは、永正7年(1510年)で興福寺の大乗院に残っている「永正年中記」に年貢180文の分として「三川木綿」をとったとして記されています。
当時、三河産の木綿が商品として各地に出回っていた証拠でもあります。最初に綿業が根を下した土地は三河であり、永正年間(1504〜1520年)すでに綿織物業がおこり、天文年間(1532〜1554年)以降、木綿商人は積極的に販路を京都方面に求めたと言われています。
いずれにせよ三河地方が綿業を他の地方に先駆けて発展したことは明らかです。

 

17世紀まで三河木綿の産地は、西三河の矢作川流域が中心で、蒲郡地方はそれに次ぐ生産地でした。元来、農地が少なく比較的温暖な蒲郡地方は綿の栽培に適しており、ほとんどの村で木綿が栽培され、現金収入の手段とされていました。

江戸期に入ると「綿耕作」「糸紡ぎ」「機織り」「木綿販売」が分業化・組織化されて、地域の基幹産業を担っていきました。江戸中期から木綿製品の需要が高まり価値が上がって増産されるようになり、明治に入ると工場が建てられ本格的に織物業が始まりました。以後、織物業はますます盛んになっていき、この地方の織物は「三白木綿」として江戸方面に送られ、さらに西洋の技術を取り入れ、明治時代には「三河木綿」「三河縞」というブランド名で全国に知れ渡りました。もともと蒲郡の「蒲」は蒲の穂の「蒲」からきており、蒲の穂や葦で織られたものが日常的に使われていたようです。それに綿が加わり、綿の栽培と綿織物が盛んになっていったのです。

 

その後、太平洋戦争が始まり織物業は一時休止されましたが、戦争が終わると衣料不足の影響から綿布は高値で大量に売れていきました。1948年(昭和23)からの数年間は、つくればどんどん売れる「ガチャマン景気(ガチャンと織れば1万円儲かる)」と言われ、蒲郡地方は「ガチャンの町」として全国的に有名になりました。戦時中、休止状態になっていた織物業は、ここにきて目覚ましい復興を遂げていったのです。

http://tennen-ya.com/?tid=4&mode=f3

 

多重ガーゼのこだわり

三河木綿多重ガーゼ メーカーのこだわり

 

三河地域は、精錬・染色・織・縫製 それぞれ専門の職人が集まる繊維の町です。

ここでは、生地から製品まで一貫して製造することが可能です。

中瀬職布(メーカー名)は、三河の木綿の歴史が築いてきた「伝統と信頼」を守るため、見えない所にも納得いくまでこだわって、ものづくりをしています。

地元の染工所、縫製所を使用することで、製品の見た目だけではわからない部分においても、安全性と品質に自信を持つことができます。

伝統を守るだけではなく、現代のニーズも取り入れることで、伝統に新しい命を吹き込むものづくりに取り組んでいます。

常に、生産者の良心と、製品への愛情をもって、ひとつひとつ丁寧に仕上げています。

 

 

 

三河木綿多重ガーゼの特徴は、やわらかさ。

このやわらかさは、選び抜いた素材と技術により生み出されます。

 

 

段戸山を源流とする豊川水系、矢作川水系は優れた伏流水を三河の地へともたらしてくれます。

伏流水は繊維の生地を精練・染色するのに大変適しています。

 

また、三河木綿の多重ガーゼは、何層もの組織を一度に織り上げるため、生地と生地の間に空気をたっぷり含んでいます。

この空気の層が、ふんわりとしたやわらかさの秘密です。

 

http://tennen-ya.com/?tid=4&mode=f3

 

三河木綿の6重織りガーゼ生地って?

6重織りガーゼの軽さと適度なボリューム

 

織物としては、基本的な綿のガーゼと同じで、平織りの素材です。

ガーゼは、1枚では薄くて吸水性も保温性も物足りないけれど、重ねることによって、その機能が格段にアップします。

高度な技術力を持ったメーカーでしか、作ることができない多重織りガーゼ。

天然屋がケットに使用しているのは、ダブルガーゼでもトリプルガーゼでもなく、ガーゼを6枚重ねた「6重ガーゼ」です。

 

http://tennen-ya.com/?tid=4&mode=f3

 

上質な三河木綿糸を使用した優しい肌ざわり。

洗濯するたびにアップする、やわらかさとボリューム。

生地の間に空気をたっぷり含むことで実現する保温性。

通気性が高い、ガーゼならではのサラッと感。

軽さと、適度なボリューム。

三河木綿のガーゼケットは貴方を幸せな気持ちにしてくれます。

使い込むほどにフワフワになるガーゼの特性が詰まった、三河木綿6重ガーゼケット。

自分だけのお気に入りの1枚になること間違いなしです。

高反発マットレス『エアレスト』

おすすめマットレス

 

梅雨が明けたと思ったら、毎日暑い日が続いていますね。

 

夜も寝苦しくて、なかなか寝れず朝になると体がだるくてスッキリ

目覚めることが出来ないですね。

 

さらに朝、目覚めた時、首が痛い、背中が張る、腰が重い・・・・

などの経験をした人は結構いるのではないでしょうか?

 

枕が合わないから首が痛い、肩が凝ると思いがちですが、

その他に、マットレスの種類によって快適な寝心地にすることができます。

 

高反発マットレス『エアレスト』はどうでしょうか?

 

エアレストは弾力性、反発力に大変すぐれています。

 

通気性も良く寝汗や湿気もにがします。夏のこの時期にぴったりです。

http://tennen-ya.com/

on 201683

All about掲載6重ガーゼケット

All about 三河木綿6重ガーゼケット掲載

 

三河木綿6重ガーゼケットがAll aboutに掲載されました。 

on 201583

肌触り最高! 三河木綿 6重ガーゼケット

 

 

三河木綿 6重ガーゼケット(山繊製)

夏は眠っているあいだに、タオルケットなどの寝具が、体にからみつくことがあります。そうなると、暑いばかりでなく、寝返りもしづらくなります。

寝返りには、睡眠の深さや種類を切り替えるスイッチの働きもあります。ですから、自然に寝返りができないと、睡眠の質が悪くなってしまうのです。

吸湿・放湿に優れ、軽くて肌触りの良い夏用の寝具として、三河木綿でできた6重のガーゼケットをお勧めします。三河木綿6重ガーゼケットは、寝床の中の温度や湿度を快適に保ち、しかも体にまとわりつきにくいので、寝返りの邪魔になりません。

三河木綿6重ガーゼケットの肌に触る部分は、60番手という細い糸を使っているので、肌触りがとてもなめらかです。一方、中の部分は空気をしっかりためられるように、太めの40番手の糸を使っています。

実は、糸の太さが違う生地をふっくらと縫い合わせるのは、とても難しいことです。三河木綿6重ガーゼケットには、千年の伝統を持つ三河木綿の職人さんの熟練した技術が生かされています。

三河木綿 6重ガーゼケット」製品仕様
サイズ:約140×200cm
重量:約1,000g
材質:綿100
洗濯:家庭用洗濯機で可能
価格:10,800円(税抜)
製造:山繊
製造国:日本

 

 

国産のガーゼケットとタオルケットの違い

多重ガーゼケットの心地良さ

 

お客さまからのお問い合わせで比較的多いのが、「国産のガーゼケットとタオルケットの違いについて」です。

今日はそんなお客さまからのお問い合わせにお答えしたいと思います。

「国産のガーゼケットを検討中です。タオルケットに比べて寝心地どうですか?3重とか4重とかメーカーによって様々なので、どう選んだらいいか迷ってしまいます。」

パイル地のタオルケットと、国産の多重織りガーゼケットを比較した場合、大きく違うのは、「重さと通気性」、「洗った後の肌触りの変化の仕方」です。

まず「重さと通気性」について。

一般的に多重ガーゼケットは、パイルのタオルケットに比べて軽くて通気性がいいです。

ガーゼが何層も重なっているのでボリュームはあるのですが、その割に軽いと驚かれます。

一枚一枚の生地は薄いですが、何枚も重ねてあるので扇風機やエアコン、窓からの風などでひんやりすることもなく、適度な保温性があります。

その上、自分の体温や汗などの熱気や湿気の発散が非常に良いです。「汗で湿ったタオルケット」の重いまとわり付き感が嫌いな方はぜひ一度お試しになられると良いと思います。

逆に、ある程度の重量感を求められる方は、パイルのタオルケットの方がお好みに合うと思います。

次に、「洗った後の肌触りの変化」についてです。

パイルのタオルケットの肌触りは、タオルと同じなので想像がつきやすいと思いますが、洗い方次第でだんだん硬く、薄くなってくる場合があります。そんなタオルのシャリ感が好きという方は、パイルのタオルケットをおすすめします。

多重ガーゼケットの場合は、洗うたびにふんわりとやわらかくなります。薄いガーゼの間に空気が入り、ボリュームが増します。

最後に、国産多重ガーゼケットの選び方についてです。

よく見かけるのは3重、4重のガーゼケットではないでしょうか。その理由は、比較的製造しやすいからです。

多重ガーゼの生地を織るためには技術力を要しますので、ある程度のレベル以上のメーカーでしか作ることができません。もちろん3重より4重、4重より5重、5重より6重の方が作るのは大変ということになります。

また、同じ生地を何層か重ねている商品もありますし、外側と内側の生地に変化をつけて通気性や保温性をアップさせている商品もあり、その特徴はさまざまです。

ちなみに、天然屋の「三河木綿6重ガーゼケット」は、外側は肌触りを良くするために細番手の糸を使ってやわらかな生地に仕立て、内側は太番手の糸を使うことで通気性とボリュームをアップさせています。

 

 

各メーカーそれぞれのこだわりがあるので、一概に「国産の多重ガーゼケット」と言っても品質はさまざまです。

毎日使うものだから、納得して使いたいですよね。わからないことはお店に問い合わせして、ぜひ

お気に入りの一枚を見つけてくださいね。

軽くて驚きのガーゼケット

三河木綿6重ガーゼケット

 

お客様の声〜ふんわり、たっぷり 軽くて驚きのガーゼケット。

 

三河木綿のガーゼケットは、まず手に取ってみたときに、本当に軽くて驚きました。

 

ふんわり、たっぷりした生地感ですが、からだに掛けても重さを感じなかったです。

 

空気をたっぷり含んでいるのがわかりました。

 

長く使える敷きパット

風薫るふわふわ麻わた敷きパッド

 

お客様の声〜長く使える敷きパット

 

ネンの敷きパットを購入しました。

 

まず表面の生地がとても良質で、織り目が均等に揃っていて美しいと思いました。

 

色合いも清涼感のあるブルーで気に入っています。

 

裏側がメッシュになっているので、もっと寝苦しい季節になったら、裏返して使ってみようと思います。

 

春から秋まで、結構長く使える商品だと思います。

    

 

綿毛布・日本製

10月に入って朝晩がすごく寒くなってきましたね。

 

この時期の寝具は何を使おうか迷ってしまいますよね。

 

そんな時に綿毛布を使用してみてはどうでしょか?

 

特に日本製の物は、ふんわりしていて暖かいですよ。

 

綿毛布はアクリル毛布より、静電気もおこりにくく、アトピーや喘息の心配も少ないです。

 

又吸湿性も優れ、ムレにくい、化学薬品も最小限に抑えていて洗濯機で洗うことも出来ます。

 

何より綿製品だから、寝ごこちもいいですよ。

 

http://tennen-ya.com/?pid=116289282

麻素材の寝具〜敷きパッド

リネンの敷きパッド

 

9月に入りハッキリとしないジメジメした日が続いていますね。そんな季節にはやっぱり麻素材が最適です。

麻は通気性が良く、水分の吸湿や発散性に優れているため、清涼感抜群で常にサラサラ。そんな麻100%を

使用した敷きパッドをご紹介いたします。

 

 

http://tennen-ya.com/?pid=116289728

洗濯機で丸洗いも出来ます。

この敷きパッドで麻の心地よさを体感してみてはいかがですか。